今、申し込むべきはビジネスローンか否かを考えるブログ

ビジネスローンの審査の基準とは

Posted on 2017年3月25日 by tori

ビジネスローンは主に三つの種類に分けられます。一つは銀行系、もう一つはノンバンク系、そして三つ目は政府系金融機関によるビジネスローンです。ビジネスローンを利用するためには審査に通過する必要があります。一般的なビジネスローンの審査に通過するための条件としては、申し込みの時点で、税金の未納がないこと、2年から3年程度のある程度の業歴があること、そして最新の決算時の債務超過でないことなどがあげられます。このほかにも場所によっては、事業計画書や収支計画書、資金計画書の提出が必要になる場合もあります。またこれらはビジネスローンに申し込むための条件であって、申し込みができたからといって、必ずしも通過するというわけではありません。

ビジネスローンの中でも、特に審査が厳しいと言われているのが銀行系のものです。銀行系の場合には提出しなくてはならない書類も多く、面倒に思う人もいるでしょう。しかし審査が厳しいので金利が低いというメリットがあります。銀行の融資の中には、信用保証協会保証付融資というものも存在しています。これは保証協会の保証が付いているので、保証が付いていない融資よりも、審査に通過しやすくなっています。もしも初めてビジネスローンを利用するという場合には、この信用保証協会保証付融資から初めて見るのがよいでしょう。もしも保証がなくても審査に通過できるという自信があるのであれば、保証が付いていない融資を選んで、業績が悪化してきた場合に、信用保証協会保証付融資を利用するという方法も一つの案として覚えておくとよいでしょう。銀行系を利用するときには、計算書の提出が必要になります。決算書を提出することで安全性や収益性などが分析され、経営者の能力や、協会内におけるその会社の立ち位置なども考慮され、点数を付けられます。この点数が高ければ高いほど審査には通過しやすくなっているというわけです。ノンバンク系の場合には、金利が高い傾向にありますが、審査は緩く提出する書類も少なくなっています。時間に余裕のない場合には、こちらを利用すると良いでしょう。