カードローンの審査について

カードローンの審査は、それぞれの金融機関(おすすめサイトはこちら→即日カードローン比較おすすめランキング2017最新版で異なる部分はありますが、収入や過去の経歴などおおむね共通しています。お金を借りる行為は信頼が築かれていて初めて行うことができることなので、審査は決して簡単には通りませんが、通るコツや基本がしっかり身に付いていれば、継続して利用し続けることも可能です。

一番の条件は、安定した収入が継続して得られているかということです。金融機関は貸したお金を返済してもらわないと経営が成り立たないので、返済の可能性が高い人ほど優良顧客として接してくれます。安定した収入があれば良いので多少少なくても問題なく、たとえばパートタイマーやアルバイトでも、その収入が安定しているなら借りられる可能性が高くなります。

次に、過去の経歴です。過去に借金の踏み倒しはないか、何か問題行為を起こしたことはないかなどを調べます。いわゆるブラックリストに載ってしまうと、その後数年間はローンを受けられなくなりますが、それさえ気を付けていれば心配する必要はないでしょう。また、真摯な態度で望むように心掛けましょう。

審査は慎重に行う必要があるので、通常早くて数日、長くて数週間かかります。もっと早いところもありますが、審査を慎重に行っているところほど誠実に経営していると考えた方が良いです。それでも即日借りたい場合には、少額融資などを信頼できる金融機関へ相談すると効果的です。また、継続して借り続けていると金融機関との信頼関係が高まり、それ以降の審査の時間が早くなるなど有利になる可能性もあります。

カードローンとは

カードローンとはその名前のごとく、一般的な形のカードを使ってATMから自由に現金を借り入れることのできるローンのことです。なお、最近ではATMを使わずに、インターネットから申込んで借入金を自分の所有する銀行口座に振り込んでもらうこともできます

そして、カードローンの特徴は3つあり、「無担保・無保証人」、「追加借入が自由」、「借入金の使途が自由」ということです。

一般的なローンには住宅ローンやマイカーローンなどがありますが、その場合は住宅や車を担保に提供したり、保証人が必要だったり、保証会社の保証が条件だったりします。しかし、カードローンはそのようなものが一切いらず、利用者の「信用」に対して融資が行われます。

カードローンに申し込むと最初に利用限度額が設定され、その利用限度額の範囲内ならばいつでも好きな時に自由に借入をすることができます一般的なローンの場合は一度契約して借入金を受け取ると、新たに借入をする場合は再度契約を結ばなければなりませんが、カードローンはその必要がありません。利用限度額まで借入をしても、返済して枠が余ればまたその枠内で追加の借入ができます。

そして、カードローンの借入金は何に使おうと自由です。生活費や遊興費、教育費など、何にでも使えます。住宅ローンやマイカーローンの場合はその目的以外での使用はできません。

なお、現在は貸金業法による「総量規制」が導入されているため、消費者金融のカードローンから年収の3分の1を超える額の借入はできません。

カードローンの金利はどうやって計算するの?

カードローンを利用するに当たって大切なのは、借りたあとの適切な返済計画を立てることと、その後計画通りきちんと返済することに尽きます。そのためには、カードローンで借りたお金をどうやって返しているのかという基本的な知識を知っておく必要があります。

金融機関などから借りたお金を返す際に重要なキーワードとして、元本と利息が挙げられます。簡単な例をあげると、10万円を金利が年利率10%で借りたとします。このとき、返済する金額は借りた金額10万円ではなく、10万円に10%を乗じた1万円も一緒に返済することになります。この10万円を元本、1万円を利息といいます。

初めてカードローンでお金を借りる人は特に利息の概念がなく、返済になって初めてその存在を知るという人が多いです。また、基本的に月々返していく勤学は、最初優先的に利息の返済に充てられます。そのため、返済初期では元本がなかなか減らないと錯覚する理由です。

カードローンの返済は原則月の終わり頃に行われます。自身が持つ銀行口座からの引き落としになるので、返済日が近付いてきたら早めにお金を入金しておきましょう。万が一返せない事情がある場合には、早め早めに金融機関へ相談することが重要です。利息の支払いさえ行えば問題ないという所もあるので、じっくりと話を聞いておきましょう。返せないまま放置してしまうと、いわゆるブラックリストに載ってしまう可能性もあるので、十分気を付ける必要があります。

借り換えの場合のカードローン

カードローンで借り換えを行う場合、利率の低いところにすべて移してしまうというやり方が自然になります。例えば、複数のカードローンから借りている場合には返済日が複数あり、お金がなかなかたまらない、たくさんの返済日を抱えて不安などのことが出てきます。また、利率もバラバラで、トータルで見れば損をしていることもあります。こうしたものを1つにまとめることで、返済がスムーズになるだけでなく、精神的負担や金銭的なやりくりなども軽くなっていきます。

実際に借り換えの場合のカードローンにおいて、業者を選ぶ際に大事なことは総量規制に引っ掛からないようにするということです。消費者金融のカードローンは総量規制の対象となっており、制限が設けられています。そのせいで借り換えをしようにもできない場合が出てきてしまいます。

このため、総量規制のない銀行や信用金庫などで借り換えをすることが無難です。最大の特徴は利率が低い点で、1つにまとめてしまい、それまで支払っていた毎月の返済額を維持していけば、バラバラで返済していた時よりも早く返済される場合が出てきます。総量規制がないため、借り換えもスムーズにできるだけでなく、金利面で特定の条件であれば下げてくれるケースもあります。

絶対に避けたいのは、違法な金利でお金を貸し付ける業者です。こうしたところで借り換えを行うと金利面などで大変なことになってしまうため、注意が必要といえます。

カードローンの返済はどうしたらいいの?

カードローンの返済は、銀行や消費者金融の窓口へ行って、直接お金を返すだけではありません。お金を借りるときと同様に、さまざまな方法が用意されています。

一番気軽に返済できるのは、ATMを使う方法です。カードローンを提供する銀行や消費者金融は、自社のATMだけでなく他の銀行やコンビニなどと協力して、提携先のATMで返済できるようにしています。ですから、銀行でお給料を引き出した後そのままカードローンの返済をしたり、コンビニでお買い物をするついでにお金を返すことができるのです。大きな銀行や消費者金融ほど提携先のATMも多くあるので、いつでも気軽にお金を返せるでしょう。

いつでも気軽にカードローンの返済できるといったら、インターネットです。最近のカードローンの多くは、インターネットに会員専用のページを用意して、借入や明細書の確認ができるようにしています。

会員専用のページでは、カードローンの返済手続きもすることが可能です。手続きは会員専用のページにアクセスして数クリックすれば終わるので、とても簡単にお金を返せます。
パソコンだけでなくスマホでも手続きはできますし、営業時間や定休日を気にする必要はありません。本当に時間や場所を問わずにお金を返せるので、非常に便利な方法です。

他にもカードローンの返済には、銀行振込や自動引き落としなど、さまざまな方法が用意されています。期日を過ぎると遅延損害金を支払う必要があるので、確実に返せる方法を使いましょう。

在籍確認の電話とは

在籍確認〈本人確認)について知ってもらいたいことがあります。カードローンや車のローン家のローンもしくはクレジットカードを作るときに在籍確認というものが行われます。クレジット会社がカードローンやローンカードなどの申告者に対して信用調査の一項目として行うものなのです。担当者が会社に電話を掛けます。

一般的にはその会社の名前のまま、会社電話来る時が多いです。特にステータスの高いカードなどはカード会社の名前で電話が来ますが、ローンやカードローンの会社などはご自分の会社に個人名で○○さんいらっしゃいますか?といった電話が来ます。このとき不在ですと、○○さんが働いてることがわかれば、その時点で確認が取れたことになりますし、その時に会社にいらっしゃるようでしたらカードローンなどの会社の方少し話をし、在籍確認をさせていただきました。ということで在籍確認終了となります。

なぜこのようなことをするのでしょうか?これは本当にその会社に勤めているのか?の確認をするためです。過去に在籍していた会社名を書くなど虚偽も中にはあるため、このようなことが行われるようになりました。

大体が、ローンなどを申し込むときに在籍確認をさせていただきますがよろしいでしょうか?などといったことを記入中に聞かれることが多いです。この時に会社名を出さないでくださいなどと明確に伝えると個人名で電話が来ますので、そこはポイントとして覚えておいたほうが良いでしょう。

お金が無い時には気軽にキャッシングが得策

お金が無い時には困ります。お金が無いと、一切何も出来なくなってしまいます。そんな時には、まず親や親族に言ってみたり、仲の良い友人に言ってみるのが、借り易い方法ではありますが、後々、きまずい思いをします。

何故ならば、お金はこの世で崇められるほどに貴重な物として存在しているからです。そんな誰にとっても貴重なものを、そう易々と、貸そうという人は少ないのです。テニスのラケットを借りたり、ちょっと携帯電話を借りるのとは訳が違うというほどに分類されるものなのです。

以前にテニスのラケットを貸したことで、優位に立てることはありませんが、お金を貸した事で、お金を貸してやったと優位に立てることがあるのです。そしてお金を貸してやったと、助けてやっとと言わんばかりに恩着せがましい態度もする事ができます。

それだけお金の貸し借りに置いては、特別な程に重要な事なのです。借りた方もお金を貸してくれたと感謝して恩人の様に崇め奉る思いもあるでしょう。自分の身近な存在の人でも、誰に借りても今後の取引に置いて、お金を貸したということはずっと残ります。

だから今後の関係性が変わったり、気を使ったりととても面倒な事になるのです。そのように今後に置いてわだかまりの無い取引が出来るところがあります。それはキャッシング業者です。

キャッシングには、銀行系や信販系、流通系、消費者金融系など色々な業者が取り扱いをしています。お金を借りて、約束して決まった返済日を守って、利息も払い、元本も最後まで返済したのなら、後々、お金を貸してやったと言うわだかまりもありません。

逆に借りたけど返済もスムーズで完済しているという形跡が残り、金融機関に置いての信用さえ貰える程です。そして一旦完済しても、今後も気を使わずに、また気軽に借りる事が出来るでしょう。そんな利便性があるキャッシングは、お金が無い時には、真っ先に気軽に頼って借入すると良いところであると言えるのです。

キャッシングの申込・契約・借入・返済などの取引方法

ちょっとした急な出来事でお金が必要になる事はあるでしょう。そして日々の生活により良いものを購入する時に、もう少しお金があればと言う時などは、借入をする事で、スムーズに快適な生活を過ごせる事が出来ます。

そのような業務を行う業者は、キャッシングの業者があります。キャッシング業者の店に行くのが恥ずかしい、誰かに見られたらお金が無いのだわと思われてみっともないなど、色々な理由でキャッシング業者から借入するのをためらう人も居ると聞きますが、今、キャッシングは、実店舗へ出向かなくっても、気軽に色々な方法で申込みが出来るようになっているのです。

そして申込だけではなくて、借りる方法や、返済方法まで、とても気軽に色々な方法が揃っているのです。例えば、家から出ずにお金を手にする事も可能なのです。今の時代はインターネットで契約も出来るので、キャッシングも、インターネットのWEB申込をして、家に居て契約まで出来ます。

お金を借りる訳なので、誰にでも貸せませんから、申込をした後には、契約するかどうかの、審査と言うものがあります。その審査も、家に居て待っていたら良いのです。審査が通ったかどうかの連絡は業者によりますが、メールで返答したり、電話で返送が来たりなどさまざまです。

もしも実店舗に行って申込をして審査に通らなかったので、契約できないのでお金を貸せません。と言われたら恥ずかしいですし、ショックな気持ちになります。インターネットで申込ならば、顔も見られずに文章や口頭で審査の結果の返事を見れるのでとても気楽な感じです。

そして審査が通ったら、契約を交して、借入となりますが、これもカードを使わないとお金を借りれないと思われがちですが、業者によりますが、銀行振り込みをしてくれる企業も多いのです。だから、申込から借入まで、ずっと家に居てインターネットの操作のみで、お金を手にする事が出来る訳です。更に、借入した返済はカードを使って返済するか、企業へ振り込むかなど外に出て返済作業をしないといけないと思われがちですが、これも家に居て、返済が出来る形も取れます。

それは、企業によりますが、銀行口座からの自動引き落としの返済があるのです。だから、通帳から勝手に約束の返済日にお金が引き落としされている訳ですから、何も手間がありません。キャッシングは誰にも合わずに誰にも気づかれずに、キチンと申込から借入から返済までスムーズに行える取引も出来るのです。

本当に楽な借入方法であると思いますが、こればかりではありません。キチンとカードを受け取り、カードを使って借入したり、カードを使って返済したりする方法もあります。他には、自動契約機の機械を使って申し込みをしてその機械から発行されるカードを使って、どこかに取引ATMでお金を引き出すことも出来たり、実店舗へ行って申込し契約し借入し返済も出来ますし、郵送による申込で郵送によるカード受け取り方法もあるのです。

キャッシングしたいけれど、店舗が遠いとか、提携ATMが近くにないなど、借りる人によって、色々な環境があるので、それぞれの状況が違うと思います。そんな人のために、自分に合った方法で色々な申込方法、契約方法、借入方法、返済方法があるのでしょう。取引はキチンと審査に通り、キチンと約束通りの期日指定日に返済が行われれば問題ありませんので、自分のより良い快適な方法がキャッシング取引を行うと良いでしょう。

入のさまざまなキャッシング業者の選び方

お金を融資して貰える企業はたくさんあり、企業の種別もさまざまです。例えば、キャッシング企業で、銀行系のキャッシング、ネット銀行などの流通系のキャッシング、消費者金融業のキャッシング、信販会社のキャッシング、ネットなどのIT系のキャッシングなど色々あります。

利点はそれぞれの企業によってさまざまなので、選び方次第となります。まず、利息の安さを重視したいのならば、銀行系のキャッシングが良いでしょう。銀行系は、利息が安いのは審査が厳しいものだから、貸し出す人が限定されるというものです。

しっかりと返済能力がある信頼の置ける人しか貸さないので、リスクを背負いませんので、審査に通って借入可能となった人には、その特典として利息が安いという形なのでしょう。そしてこの中で利息が高いのは、消費者金融業のキャッシングでしょう。

消費者金融業は独自の査定もあり、収入を得ている人ならば、割りと誰にでも貸し出しをしてくれますので、借り易い企業であるのです。しかしその分、誰でも借りやすいから無差別に貸し出ししてる所もあり、リスクもあるのです。だから、保証代わりに利息を高くしている形なのでしょう。

消費者金融業は、賃金の専門業者ですので、利息のみで企業が成り立っている訳ですので、利息を高くして儲けとなっています。しかし、その分、サービスが行き届いていて、無利息の日があったり、ポイントが与えられたり、お知らせメールが届くなど、顧客に対してのサービスは群を抜いて、良いものであるのです。だから利用しやすく、便利な企業は消費者金融業であると思います。

信販系や、流通系やIT系もそれぞれ利点はたくさんあります。それぞれの自分の思う特典が合っているところで、借入をすると良いと思うのです。業者も大手や中小や小規模や個人など、色々な企業があります。それも借りる本人が借りやすかったり、何らかの利点が合う企業で申込、契約をすると良いでしょう。

キャッシングには借入しすぎない規制がある

個人の人がお金を借りれる企業と言えばキャッシング会社ですが、キャッシング会社でも色々な種類があります。例えば、銀行系、消費者金融業、信販系、流通系などがあり、銀行が提携して貸し出ししたり、楽天銀行などの通信系銀行のカードローン、セゾンなどの信販専門企業もあり、消費者金融業などの借入専門業者もあります。

これらは、全て借りる際に審査があります。この中で審査が厳しいと言われるのが、銀行系であります。審査は厳しいですが、ある一定の条件を満たせる確実な人以外貸さない方針である為、その分利息が安いという利点があります。

そしてこの中で、審査が甘いとか優しいと言われるのが、消費者金融業であります。割合に収入さえあれば、誰にでも貸し出し可能なので、気軽に借りやすいと言われます。しかしそんな企業だからこそ、利息も銀行よりは割高で、借入金額の枠に規制が掛かっています。消費者金融業は、賃金業者と言う業種です。

その賃金業者のみに掛かる規制で、総量規制という賃金業法に掛かるのです。これは、年収の3分の1以上は貸し出してはいけないというものなので、必ず収入がある人のみに貸し出す事と言うことです。もしも年収の3分の1以上貸し出すと、消費者金融業へ規制に反したと何らかの罰則が掛かりますから、3分の1以上は絶対に貸してくれないでしょう。

これは、バブル期に誰にでも幾らでもあっちこっちと見境無く無限に貸した結果、バブルがはじけて借りた人が返済できずに、借金による犯罪や自殺や債務整理などが大多数存在した過去の歴史による見直し規制であるのです。

お金を借りた人が無理なく返済出来る範囲以上は貸し出さないという規定が出来たのでしょう。だから借り易いけれど、借入枠が少ない金額となるのです。これは、もっと貸して欲しいと言う借りて側にとっては残念な話に思うかもしれませんが、実は、借りる人の身を守る事でもあると思います。

しっかりキャシングの借入を返せてスムーズに生きて行くその為の規制でもあると思うのです。無理に貸しても、返せる見込みは保証はありませんから、初めから貸せる範囲を取り決めたのでしょう。このような借入しすぎない規制のおかげで完済出来て良い人生を歩める事でしょう。